キャッシングの法律的な注意点

キャッシングには、一昔前まで法律的な注意点が存在しました。
この法律的な注意点のことをグレーゾーン金利と言います。
このグレーゾーン金利の問題に関しては既に法律によって解決されていますので何の心配もないのですが、悪徳な業者の中には未だにこの金利を利用して利息を請求してくるものも存在しますので、注意をしなくてはいけません。
実は、一昔前までのキャッシングと言うサービスには、サービスに適用される金利の法律が二つ存在したのです。
一つは利息制限法と言う法律で、もう一つが出資法と言う法律でした。
金融機関はこの両者のどちらかを選択してお金を融資していたのですが、この二つには金利に関して大きな問題点があったのです。
その問題点と言うのは、上限金利に違いでした。
利息制限法では標準的な利息の範囲に終始しているのですが、出資法に関しては上限金利が利息制限法よりもはるかに大きいと言う欠点があったのです。
そのため、利息制限法を利用する金融機関よりも、出資法を利用する金融機関の方がより負担が大きくなってしまうと言う問題が発生していました。
この二つの法律に存在する金利の違いのことをグレーゾーン金利と言うわけです。
この金利から発生するお金のことを過払い金などと言ったりしますが、キャッシングでは一昔前までこのような問題点があったので注意が必要でした。
しかし、法改正によってこのような問題点は完全に解消され、現在では利息制限法のみが適用されるようになっているので安心してキャッシングを利用できるのです。