消費者金融の審査基準が知りたい

消費者金融の多くは年齢が20歳以上であれば、アルバイト、パートなどの収入を持つ学生や主婦、派遣社員や契約社員の人でも利用する事を可能にしています。
但し、収入が無い専業主婦の人はどの消費者金融でも利用する事が出来ないのが特徴です。
これについては、消費者金融と言うのが貸金業者であり、総量規制が適応するため、収入が無い人は利用が禁じられているからなのです。
専業主婦の方は借りルールを参考にしてみてください。
総量規制に関して詳しく紹介されているサイトです。
しかしながら、雇用形態などにとらわれずに、収入が有り返済能力が有ると満たされる場合は審査に通る事になります。
所で消費者金融は審査が比較的緩いと言われていますが、その審査基準はどのようなものになるのでしょうか。

一般的にブラックリストに掲載されている人はお金を借りることが出来ないと言います。
但し、ブラックリストと呼ばれるリストがこの世に存在しているのではないのです。
自己破産をしたり過去にお金を借りている中で数か月もの延滞などを行う事でブラックリストに掲載されるのですが、これは信用情報機関が管理を行っている個人信用情報と呼ばれるものに、延滞や破産などの記録が残されている事を意味しているのです。
消費者金融の審査基準は、この個人信用情報に記載されている内容で行われているのです。
信用情報に記載されている内容と言うのは、顧客の氏名や住所、勤務先情報、キャッシングなどの契約年月日、貸付け金額、貸付けの残高などになります。
申込みを行うと審査が行われますが、消費者金融では申し込み者の個人信用情報を照会します。
この時、特別な記録が無ければ直ぐに審査を通過させお金を借りることが出来ます。

そのため40分などの短時間の中で審査を行う事が可能になるのです。
因みに、ブラックリストに掲載されることで一生お金を借りることが出来ないわけでは有りません。
事故の情報にもよりますが、5年から7年記録が残された後に、情報は消滅するようになっており、消滅後には新たな借入を行う事が出来るのです。